Web Tips!!!

普段は、SEO対策でWebマーケティングをしている人が、睡眠、引越し、不動産、ミステリーについて記事をまとめたサイト

不老不死?サンジェルマン伯爵の真相!

f:id:amber_owl:20170727010847j:plain

不老不死?タイムトラベラー?サンジェルマン伯爵とは?

歴史上、類を見ないような謎に包まれた人物

サンジェルマン伯爵」を知っていますか?

 

その老いを感じさせない証言から「不老不死」とも

目撃証言の多さからタイムトラベラーとも言われた人物。

彼の正体は一体だれなのでしょうか?

 

サンジェルマン伯爵の逸話まとめ

サンジェルマン伯爵とは、中世ヨーロッパの人物で様々な記録にも残っている

「実在の人物」である。

 

簡単に彼の逸話をまとめると下記である。

若いころの経歴を知るものがいない。

いつの時代も40歳から50歳であるとされる。

 

語学に堪能

英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語ギリシャ後、ラテン語サンスクリット語アラビア語、中国語など12カ国語を操った。

 

様々な技術の持ち主

バイオリンの名手であり、作曲も出来た

発明されて間もないピアノも弾くことが出来た

化学や錬金術に精通して、不老不死の著作も出したと言われる

ダイヤモンドの傷を消す技術を持っていた

 画家でもあり、彼の出す色は驚くほど輝きを放つものであったと言われる

 

テレパシー?を持っている

人に尋ねられる前に、その質問を理解できるテレパシーのような能力を持っていた

未来の知識

サン・ジェルマン伯爵より後の時代に発明された蒸気船、汽車、飛行機などについて、彼は見てきたように詳しく語ったという。

 

弟子にはゲーテがいる

f:id:amber_owl:20170727044558j:plain

皆さんご存知可と思いますが、ゲーテとはドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。 

 

1710年作曲家ジャン=フィリップ・ラモー証言

f:id:amber_owl:20170727044630j:plain

「彼は不思議な人物だ。何度か彼に会った事はあるが、いつ見ても同じ年齢のサンジェルマンだった。40歳〜50歳くらいに見えるが、それよりも若いかもしれない。彼の話は面白く、話していると時間を忘れてしまう。」 

 

1750年ルイ15世の証言

f:id:amber_owl:20170727044617j:plain

オーストリア大使にフランスに今サンジェルマンという奇妙な男が来ているので、会ってみては?と提案されたので、暇だったルイ15世は 実際にお会うこととなった。

当日、ルイ15世の前に現れたのは、やはり40歳〜50歳の身なりのきちんとした男だったという。

サンジェルマンはルイ15世にお辞儀をするとポケットからテーブルにバラバラと何かを置いた。すべてダイヤモンドだったという。

ルイ15世は「それは自分でどこで買って来たのか?」と効くと

サンジェルマンは「自分で作ったものです。陛下への贈り物です。」と言ったという。

これにルイ15世は非常に気に入り、サンジェルマンをかわいがったという。

 

1750年ジョルジ伯爵夫人の証言

同じような内容の証言をしているのが、ラモーと同じ時期にサンジェルマンと会った人物だが、それの40年後にポンパドール公爵夫人に再び会ったという。その時も年齢は40歳〜50歳だと証言している。夫人は「40年前にベネチアにお会いしてから全く用紙がかわりませんね」と言ったところ、サンジェルマンはその時「変わらないように見えますが、実は非常に年を取っているのですよ」と答えたとのこと。

 コレが本当となると、1710年の際に、40歳だとすると、1750年では、80歳という事になる

 

1760年哲学者ヴォルテールの証言

f:id:amber_owl:20170727044705j:plain

フリードリヒ2世に対して書簡にて、サンジェルマンのことを「不老不死で、この世のすべてを知っている人物である」と伝えている。

 

1760年ごろニコラシャンホールの証言

サンジェルマンの使用人に対し「主人は2000歳なの?」と訪ねたところ、「それは、 わかんないです。私はまだ300年しか使えてないからね」答えたという。

 

 

何故ここまで不老不死の伝説が受け継がれているのか?

 

サンジェルマン1人では無い説

サンジェルマンとは特定の個人を指すものではなく、いわば世襲制でその次代その次代の優秀な人物に前代までのサンジェルマンの知識を継承しているという説

実際に、サンジェルマンはスパイとしての活躍もあったと言われています。

 

本当に1人で特殊なテロメアを持っていた説

 スコットランドの学者が唱えた学説で動物の細胞は細胞分裂をする際に、細胞の両極にあるテロメアという部分が少なくなっていく。コレが老いであるが、サンジェルマンには、それが無かった為に、長生きかつ老いが見られなかったのだという説。

 

調べてみれば見るほど謎が深まる人物です。

彼に魅了される人も少なくないのでは?

 

ありがとうございました。