Web Tips!!!

普段は、SEO対策でWebマーケティングをしている人が、睡眠、引越し、不動産、ミステリーについて記事をまとめたサイト

台風は発生場所や時代で名称が変わるの知ってる?

f:id:amber_owl:20170730025932j:plain

 

毎年夏になると、だんだん増えてくる「台風」ですが、

その由来は知っていますでしょうか?

今回は、台風の由来って知ってますか?また、世界で呼ばれ方が違うのを知ってますか?

 

台風のの名称の由来

 そもそも台風とは何か?それは気象学的には、「熱帯低気圧」といいます。

日本では、その呼び名が時代によって変化してきました。

江戸時代

 江戸時代では、「颶風(ぐふう)」と呼ばれていました。その理由は、中国では昔熱帯低気圧の事を颶風と呼んでいて、それに習ったと言われています。実際に江戸時代の気象に関する本には「颶風」という記載があるそうです。

 

 明治時代ー文明開化期

明治時代に入ると、英語にならいそのまま「タイフーン」または「大風(たいふう)」と呼ばれるようになります。

文明開化による欧米化を目指した変化だと言えますね!

 

明治時代末期

明治時代の末期になると、「颱風(たいふう)」と呼ばれるようになります。

「颶風(ぐふう)」とは字が違いますよー

その当時の気象庁長が英語のTyphoonを訳したそうです。

 

昭和時代

熱帯低気圧が、今の呼び名の台風になったのは、終戦後の1945年ごろの当用漢字制定の際に決まったそうです。

※ちなみに台風の「台」が使われている理由は、確定的な理由はわかっていないそうです。

 

f:id:amber_owl:20170730030044j:plain

台風の各国の呼び名

熱帯低気圧は発生する場所によって名前が違うのですが、知っていましたか?

下記にある名称はすべて、日本の台風と性質は同じなんですよ!

 

台風

台風は太平洋上で発生する熱帯低気圧の事を指します。

日本や東南アジア周辺に影響を与える熱帯低気圧です。

 

ハリケーン

ハリケーンは、カリブ海やメキシコ湾で発生する熱帯低気圧です。

主にアメリカ合衆国に影響を及ぼします。

また、太平洋上で発生したものは台風だと先ほど言いましたが、アメリカに上陸する熱帯低気圧もハリケーンと呼びます。

 

サイクロン

サイクロンは、インド洋で発生するものを言います。

結構暴れもので、インドはもちろん遠い所だと

南半球のオーストラリアやニュージーランドまで影響を及ぼします。

※ちなみに、南半球まで上陸するサイクロンの事を「トロピカル・サイクロン」と呼ばれます。