Web Tips!!!

普段は、SEO対策でWebマーケティングをしている人が、睡眠、引越し、不動産、ミステリーについて記事をまとめたサイト

ボルトが桐生祥秀に贈った言葉がかっこよすぎる!

f:id:amber_owl:20170803125423j:image

TBS系の報道番組の「NEWS23」で、

2013年に実現した「人類最速の男」ウサイン・ボルトと日本の短距離選手、桐生祥秀の対談が今改めて注目されています。

※ちなみにボルト選手はこの時まで、桐生選手のことを知りませんでした。

 

9秒台を目指す桐生選手へのアドバイス

 f:id:amber_owl:20170803125327j:image

 

ボルト選手は「速く走るのなら、焦ってはいけない。トップスピードを維持することを心がけろ」という自身の考えを伝えます。

 

スピードを保てばいいのに、さらにスピードを上げようとしている。

大事なことは、トップスピードに乗ったらフォームを保ち、スピードを維持することだ。

多くの選手は、トップスピードから、さらに速くなろうとする。

それでは、速度にテクニックが追いつかず、逆に遅くなってしまう。

トップスピードに乗ったら、それ以上は速くならない。

だからといって「その記録を超えよう」と焦ってはいけない。

速く走ることばかり考えて、逆に遅くなる選手はたくさんいる。

速く走ろうなんて考えるな。「自分の走りをすることだけ」を考えたほうがいい。

「news23」より

 

ボルト選手自身21歳までは最高記録が 10.03でした。自身の経験からアドバイスなのでしょう。

 

 

 

人類最速の男から日本陸上界へ

 

f:id:amber_owl:20170803125446j:image

最後に、ボルト選手は桐生選手と、日本の陸上界へ一言アドバイスを送ります。

最後に1つ、いいかい。日本の陸上界にいいたい。

桐生にあまりプレッシャーをかけないでほしい。

いいか、桐生。自分のために走れ。それが国のためになればいい。

まずは『自分のために走る』。そして『楽しむ』。

それが日本のためになるんだ。決して国のためだけに走ってはだめだ。

「news23」より

若い頃、ボルト自信もプレッシャーで潰されそうになった経験が

 実際にボルト選手は他のところでも、若い選手が過度なプレッシャーで潰れていくのを何度も見たと発言しています。

ボルト選手は「若い選手はまず楽しまなければならない。プレッシャーをかけるのはやめよう!」という持論を常に持っているそうです。

世界最速になりながらも飾らずに振る舞うボルト選手は素晴らしいです。

そんな、ボルト選手には、日本の報道の仕方は桐生選手には大きなプレッシャーがかけられているように見えたのだと思います。 この言葉に、多くの拍手と称賛のコメントが寄せられます。

やっぱり好きなことをとことんできる人は強いですね。

 

ちなみにもうすぐ始まる世界陸上で金メダルが取れるかどうかという質問には「全くわからない」と言っています。

有終の美を飾ってくれ!

いやいや、むしろ東京五輪まで続けてくれないかな…笑

 

 

2017年9月 追記

ついに桐生選手が日本人初の9秒台を記録!

f:id:amber_owl:20171016130706j:plain


桐生選手が見事に日本人初の9秒台を達成しましたね。
おめでとうございます。
9月9日に福井市で行われた日本学生対校選手権の陸上男子100メートル決勝でついに日本人初の9秒台を記録しました。
記録は9秒98で、日本記録を19年ぶりに更新し、もちろん優勝しました。

 

ボルトは日本人が9秒台に到達できる事は予測していた!

 

f:id:amber_owl:20171016130757j:plain

9月5日に京都市内で行われたイベントで「日本人はコンスタントに10秒0台を出せる。10秒を切る可能性は十分にある」と発言をしていました。
この4日後に日本人初の9秒台が出たという事で、非常にめでたいですね。

 

2017/10/1追記

桐生「ボルトがロンドン世界陸上で目の前で倒れたのは複雑…」本音を語る

 

f:id:amber_owl:20171016130827j:plain

桐生選手が、10月9日放送のフジテレビ系「さんまのまんま」に出演した際、ボルトが倒れた事で、銅メダルを獲得できたことについて、本音を語りました。

目の前で、引退レースとなったウサイン・ボルトが転倒して(後に肉離れと診断)、所属のジャマイカが途中棄権となったときは、正直「めちゃくちゃ複雑だった」という。

 

桐生はバトンを4番目で次の走者へバトンを渡したことははっきり覚えていて
「メダルやばいかな、と思ったら、ボルト選手が転倒してしまったので、正直半々」と本音を漏らしました。

 

また、「(ボルトが倒れた事でメダル獲得ができたので)良かったと思う部分と、ボルト選手が最後だから、転倒という結果は寂しい」
「正直、3番と4番の、メダルが有り無しでは、全然違うので、色々複雑だった」といったような複雑な気持ちだったと言います。