Web Tips!!!

普段は、SEO対策でWebマーケティングをしている人が、睡眠、引越し、不動産、ミステリーについて記事をまとめたサイト

Macで画像に文字や矢印を入れるには「monosnap」がオススメ

f:id:amber_owl:20170907025820p:plain

コンテンツや記事を作成していて、

画像に文字や印を入れたくなる事って意外と多いですよね。

ただ、macにはそのようなアプリは初期搭載されていません。

Evernoteがリリースしていた「Skitch」は開発がストップしてしまったし、

何か良いのがないかなーと思っていたら

良いのをに見つけました!

それが「monosnap」です。

 

「monosnap」の特徴と使い方

「monosnap」はmacもWinもどちらでも利用できる画像加工アプリです。

主に、キャプチャがすぐに出来て、

画像に矢印を入れたり、テキストを入れたり、図形で囲ったりすることが出来ます。

他にもいろんな機能があるので、説明をするための画像がほしいと思っている方は是非ダウンロードしてみて下さい。

 

ダウンロード先

f:id:amber_owl:20170907025858j:plain

下記よりダウンロードができます。

Monosnap - Free Screenshot Tool

 

「monosnap」の使い方

f:id:amber_owl:20170907021716p:plain

アプリを起動して、このようなマークが右上に出てきます。

基本的に利用をするのは

「Capture Area」「Capture Fullscreen」になります。

 

「Capture Area」

この機能は選択範囲を自由に決めてキャプチャすることができます。

方法はクリックとドラッグだけでできます。

ファイルはPC内の「ピクチャ」に「monosnap」というフォルダがあります。

デフォルトはそこに保存されるようになっています。

f:id:amber_owl:20170907022645p:plain

※この記事作成中の画面を取りました。

「Capture Fullscreen」

こちらは、スクリーンをそのままキャプチャする事ができます。

ファイルはPC内の「ピクチャ」に「monosnap」というフォルダがあります。

デフォルトはそこに保存されるようになっています。

 

キャプチャした後に出来ること 

主にキャプチャした後に出来ることを説明します。

 

f:id:amber_owl:20170907023337p:plain

キャプチャした後にメニューバーが左下にあります。

左側から説明します。

 

・色の変更ができる

f:id:amber_owl:20170907024801p:plain

 

・線の幅を変更できる

f:id:amber_owl:20170907024845p:plain

 

・矢印を書く事ができる

f:id:amber_owl:20170907025008p:plain

 

・四角で囲う事ができる

f:id:amber_owl:20170907024954p:plain

 

・線を引く事ができる

f:id:amber_owl:20170907025027p:plain

 

・丸で囲う事ができる

f:id:amber_owl:20170907025046p:plain

 

・ペンで自由に線を引ける

f:id:amber_owl:20170907025204p:plain

 

・テキストを入れる事ができる

f:id:amber_owl:20170907025224p:plain

 

・矢印を引く+テキストを入れる

f:id:amber_owl:20170907025303p:plain

 

・モザイク(ぼかし)をいれる事ができる

f:id:amber_owl:20170907025331p:plain

※モザイクは文字が小さければもっと強めにかかります。

 

・キャプチャをする事ができる

f:id:amber_owl:20170907025515p:plain

 

・画像を変更する事ができる

また、右上のメニューから画像のファイルを変更する事ができます。

デフォルトだと「png」になります。

お好みのファイルに変更もできます。

 

いかがでしょうか?

気になった方は、是非ダウンロードしてみて下さい。

他にも機能があるので試してみて下さい。