誰それ?何それ?

誰だそれ?なんだそれ?どこだそれ?日々起こる疑問を調べてまとめる知的好奇心追求ブログ

パンダアップデートから考えるこれからのSEO対策とは?

f:id:amber_owl:20170909173837j:plain

Googleの考えとして、最近で良質なコンテンツが上位表示されるという傾向が年々強くなってきています。その傾向がよく現れている、Googleが行っている最も大きな施策の1つが「パンダアップデート」です。

 

パンダアップデートとは?

サイトを運営している方であれば、必ず一度は聞いた事があるであろうパンダアップデート。何の事かと言うと、Googleが行う、低品質なコンテンツの掲載順位を下げて、良質なコンテンツのサイトを上位表示するアルゴリズム変更のことです。

2012年7月に初めて行われ、今でも一年に数回行われています。

 

このパンダアップデートを理解することで、Googleが上位表示したいコンテンツがどのようなものかを理解する事ができます。

 

Googleがを始めた経緯と背景とは?

2010年前後のGoogleなどの検索結果は、ブラックハットSEOが流行していたことも影響して、まだまだオリジナル性のあまりない低品質なコンテンツサイトが多く上位表示されていました。古くから存在するページであったり、文字数が多、外部リンクの多さによって上位表示が可能でした。

なので、ユーザーが本当に必要とするコンテンツを探すまでに多くの時間を要してしまう状況でした。

 

この事に危機感を覚えたGoogleは、検索ユーザーに価値のあるコンテンツがを上位表示するような検索結果を提供できるようにアルゴリズムを変更し始めました。

 

その頃からGoogleは、ユーザーにとって役立つページを上位表示できるようさまざまなテスト行なってきました。(これは現在もこれからも行われていくことです。)そのことが功を奏して、現在ではかなりアルゴリズムの精度が高くなり、検索ユーザーが満足ができる良質なページが上位表示されるようになっています。

 詳しくは下記!

daresore.hatenablog.jp

Googleが掲載順位を下げているページ

Googleが上位表示させようとしているのは、良質なコンテンツをもっているページであるということはご説明させていただきましたが、一方で掲載順位を下げている、もしくは下げようとしているページはどのようなページなのでしょうか?それは、下記のようなページです。

 

・自動生成されたページ

ツールなどで作成されたページは内容がほとんど無い場合が多く、ユーザーに価値が無いものが多いため、下位表示される対象になる。

・無断複製したページ

他のサイトをコピーしただけのサイトはユーザにとっても検索エンジンにとっても不要なものとなるために、下位表示の対象になる。

・キーワードを乱用したページ

上位表示されようとして、過度にキーワードを乱用したページは内容がページの品質を下げることにつながるために、下位表示の対象になる。

・内容の薄いアフィリエイトサイト

内容の無いアフィリエイトサイトに関しては、サイトの質の低下につながる為、下位表示の対象になる。

 

まとめ

今後必要なSEO対策というのは、Googleアルゴリズムのスキを突くようなものでは無くて、検索ユーザーに価値のあるコンテンツページを作っていくことへシフトしました。その傾向は年々強くなっていくことでしょう。

 

なので、パンダアップデートとペンギンアップデートの影響で、今まで効果のあったような被リンクを増やしたり相互リンクを増やしている時間があるのであれば、より良い、わかりやすいコンテンツを作ることに注力したほうが効果的です。

 

例え今掲載順位が低かったとしても、素晴らしいコンテンツを作成出来ているのであれば、このペンダアップデートやペンギンアップデートのアルゴリズム変更で上位表示がされるでしょう。