誰それ?何それ?

誰だそれ?なんだそれ?どこだそれ?日々起こる疑問を調べてまとめる知的好奇心追求ブログ

SEOを強くするタイトルタグの付け方

f:id:amber_owl:20170829035112j:plain

 

サイトのSEO対策において

タイトルタグ(タイトルテキスト)の付け方は非常に重要な施策の1つです。

ページのタイトル次第で検索結果の掲載順位が上下することも少なくありません。

 

なので、ここではSEO対策を意識したタイトルを設定する方法を

ご説明していきます。

 

 

 

 

タイトルタグとは?

タイトルタグとは平たく言うと

Webサイトまたはコンテンツの見出しになるテキストで

検索結果に記載されるクリックできる文章のことを指します。

 

※ちなみにhtml表すと下記になります。

<title>タイトルタグ</title>

 

タイトルタグのユーザーへの役割

タイトルタグのユーザへの役割は

一言で言うと、「ユーザーにサイトに来てもらう為のきっかけ」です。

 

タイトルタグはGoogleYahoo!の検索結果に表示されるものです。

ユーザー(検索者)はタイトルタグを見て、サイトを訪れるかどうかを検討します。

 

つまり、タイトルタグによって

ユーザーがあなたのサイトを訪問するかどうかを左右すると言っても過言ではないのです。

その為、どんなにいい内容のコンテンツや記事を書けたとしても

タイトルタグでユーザーに魅力を与えることが出来なければ

サイトに来てもらう事が出来ません。

タイトルタグはしっかりと吟味した上で決定しましょう。

 

 

タイトルタグのSEOに関する役割

タイトルタグはユーザーだけでなく

検索エンジンへの役割もあります。

それは、検索エンジンからページの評価を受ける上で重要な指標になる事です。

 

どういうことかと言うと、

タイトルタグがページの内容を簡潔に説明しているものであれば

検索エンジンは良い評価を与え検索順位が上がる傾向があります。

逆の場合は、悪い評価を与え検索順位が下がる傾向があります。

 

 

SEO対策を意識したタイトルの付け方 

上述した通り、タイトルタグによって

ユーザーがサイトへのクリック率が変わってきますし

Google検索エンジンの評価と掲載順位も変わっていきます。

 

良いタイトルの付け方は下記の2点を考えたものにするといいでしょう。

 

簡潔な文言にする

上述の通りユーザーはタイトルを見てサイトを訪れるかを検討する。

その為、サイトのタイトルは一目見てわかりやすいタイトルにすると

クリックされやすくなるでしょう。

Googleに検索結果に表示されるタイトルの文字数が「32文字」なので

32文字までで作成をしましょう。

 

検索してきたユーザーがクリックしたくなるタイトルにする

当然と言えば当然なのですが、

上記の「タイトルは記事を簡潔にしたもの」という意識が強いと

忘れがちになってしまいますが、どんなにいい記事を掲載していたとしても

タイトルに魅力が無いと、クリックしてもらえません。

 

ユーザーにページに訪れたら得られるベネフィットを

タイトルに入れる事が非常に大切です。

 

キーワードは出来るだけ前方に置く

 上位表示を狙いたいページのキーワードは出来るだけ前方に置きましょう。

この方法は意味が無いという方もいらっしゃいますが、実際にアメリカのSEO企業であるMOZはタイトルタグの改善で、キーワードを前方に置いたところ、掲載順位が上がまたと発表しています。

 

キーワードを前方に置くことにとらわれすぎて、変な日本語になってしまうのは避けるべきですので、気にしすぎは良くありませんが、意識はしてタイトルタグをつけると良いと思います。

 

まとめ

タイトルタグの設定は、SEO対策において

掲載順位と左右するものです。 

何度も言いますが、どんなに良いコンテンツが出来たとしても

クリックをしてもらえなければ、読んでもらえません。

 しっかりと検討した上でタイトルタグは決めましょう。

 

また、hタグの使い方に関しては、下記の記事をご覧ください。

daresore.hatenablog.jp