誰それ?何それ?

誰だそれ?なんだそれ?どこだそれ?日々起こる疑問を調べてまとめる知的好奇心追求ブログ

Googleのリンク否認ツールで、変なサイトからのリンクを解除しよう!

低質なサイトの被リンクを解除しよう!

なんか最近、急にバックリンクが増えたなと思い

リンクしてくれているサイトをしらべた所、とあるドメインのリンクだけ…

・よくわからない海外サイト!

・404エラーページ

などの低質なページばかり。

これはマズイ?と思い調べてみると、

やっぱりマズイらしいので、リンクを削除することにしました。

 

被リンクはSEO対策に有効なのか?

良い記事というのは、参考にされる為、リンクが付きます。

基本的に、リンクされるという事はGoogleも「良いこと」として評価してくれる為

リンクされるような記事を書くという事は、昔からSEO対策の方法として有名です。

 

ただ!そのリンク先が、低湿なサイトであると話は別です。

Googleから逆に悪い評価をされてしまいSEO対策を妨げてしまいます。

この低質なリンクの対策としては、「リンクの否認」があります。

 

リンクの否認とは

リンクの否認とは、低質なリンクをはずす事を言います。

リンクの否認は、GoogleSearchConsoleという

Googleの無料ツールで行う事ができます。

 

リンク否認すべきサイトとは

低質なリンク先として考えられるのは下記のようなサイトです。

・404(not found)

・1サイトからの大量リンク

・逆SEOリンク

・スパムリンク

・人為的にしたと思われるリンク

・よくわからない海外サイトからのリンク

 

 

上記のようなサイトからのリンクがあると

最近のペンギンアップデートが行われると掲載順位が下がってしまいます。

 

GoogleSearchConsoleを使ってリンクの否認をしよう!(全6ステップ)

1, Google Search Consoleにアクセス

Googleアカウントを所有していなければ、

登録から行なって下さい。

※サーチコンソールを登録していない場合は、

登録から行なって下さい。

 

2, ログイン後ページの左側のダッシュボード→検索トラフィック→サイトへのリンクをクリック

f:id:amber_owl:20170824042532p:plain

 

3, リンク数の最も多いリンク元の【詳細】をクリック

 

4, 3つボタンがあるなかの「その他サンプルリンクをダウンロードをクリック」

CSVでダウンロードします。

f:id:amber_owl:20170824043654p:plain

 

5, リンク否認のテキストを作成する

否認するリンクを決めたら、

テキストファイルにまとめます。

テキストファイルへの書き方は、下記のようにします。

1 行につき 1 つのリンクを記載します。

 

ドメイン単位で、全てのリンクを否認したい場合は

domain:example.comのように記述します。

 


domain:example.com
http://example.com/aaa
https://example.com/bbb
http://www.example.com/ccc
http://example.com/ddd

 

6, 否認ツールを開きます。

否認ツール

f:id:amber_owl:20170824044922p:plain

リンクの否認をクリック

 

f:id:amber_owl:20170824045004p:plain

 

再度、リンク否認をクリック

f:id:amber_owl:20170824045046p:plain

ファイルの選択を押して、

先程5で作ったテキストファイルを選択します。

※注意!こちらの工程でテキストファイルをアップロードした時点で

送信される事になります。

※テキストファイルを送った後にGoogleからメッセージが送られる事はありません。

 

最後に

サイト運営をしていると良くも悪くもリンクが増えてきます。

一般的なサイトからのリンクはSEO対策として有効なものになりますが、

低質なサイトからのリンクはあなたのサイトの評価を下げてしまいますので

ぜひ、早めにリンク否認をする事をおすすめします。

 

さらに最後に

リンクの否認は有効な対処ですが、

やりすぎは良くありません。

というのは、リンクを受けることでGoogleから評価されている部分もあるので、もしかすると、否認することで掲載順位が下がってしまうことも考えられます。

なので、否認するリンクはよく考えてからにしましょう!